品質方針/環境方針

 

品質方針

環境方針

環境方針

基 本 理 念
 当社は、「水」、「熱」、「音」の技術を通じて、「よりよい環境をつくる」という経営理念に基づき、地球環境にやさしい技術と製品を提供しています。
 一方、生産活動において、資源・エネルギーの消費、廃棄物の発生など環境に悪影響を与えていることも事実です。 このことを全社員が認識し、経営理念の実践とともに環境に配慮した企業運営を実施します。過去の環境活動の実績に鑑みて本年度の環境目標を設定し、全社を挙げてさらなる環境保全・保護に努めます。
基 本 方 針


法規制の順守
環境に関連する適用可能な法規制および組織が同意するその他の要求事項を順守する。


環境負荷の低減と汚染の防止に資する優れた技術と製品の開発と提供
1. 海洋汚染防止機器
2. 船舶用高効率造水装置
3. 世界最大・最高効率海水淡水化装置
4. 蒸発濃縮装置
5. 船舶用騒音防止装置
6. 水冷媒放射空調システム
7. アフターサービスの強化


生産活動における環境負荷の低減
省資源、省エネルギー、廃棄物の減量、VOC排出量の監視および化学物質の適正管理に取り組む。また不適合根絶の推進と長期保管品の使用促進により、さらなる環境負荷の低減に努め、利害関係者のニーズ及び期待にも応える。


方針の徹底と継続的改善
1. 環境教育を実施し、社内の環境に関する意識の向上を図る。
2. 環境マネジメントシステムを実行し、定期的にレビューすることで継続的改善を図る。
2018年4月1日 株式会社ササクラ 代表取締役社長 笹倉 敏彦
品質方針このページのトップへ